Exhibitions

パルケット・エディションズ


美術誌パルケットと現代アーティストたちのコラボレーション25年の歩み

杉本博司、アンディ・ウォーホル、草間彌生、ヴァネッサ・ビークロフト、マウリツィオ・カテラン、メレット・オッペンハイム、フアン・ムニョス、森万里子・・・ 彼らは「空想の家」に置かれる作品をご紹介するこの展覧会のために集まったアーティストたちです。

1980年代初頭のチューリヒで始まった現代美術誌「パルケット」は、現在ではアート界に大きな影響力をもたらすまでになりました。「パルケット」の依頼により、私たちの時代において最も重要なアーティスト200人が、彼らのアートのエッセンスを表現し、時には思いもよらない側面を表す作品を制作してきました。この展覧会では、ハーストが制作したドライヤーの熱風でピンポンボールを浮かす作品、オッペンハイムが制作した血管が浮き出たシュールな手袋などが展示されています。

アーティストたちは過去百年ほどの間に、最先端のアートや考えを市民に届けるためエディション作品を制作してきました。それは大衆文化に、詩や政治、審美性を与えることでもありました。

「パルケット」の狙いは、アートと直接的に対峙する媒体を提供することであり、その結果アーティスト主導の美術雑誌とマルチプル作品が制作されました。作品は、油彩、ページアートプロジェクト、写真、素描、版画、彫刻、ビデオ、DVD、音声など、あらゆる可能性を試しています。本展覧会は、過去25年間の現代アート発展の歴史を俯瞰できる内容になっています。

本展覧会では5つの部屋にテーマを設け、それぞれのテーマに沿って展示しています。
「アトリエ」 「プレイルーム」 「ワードローブ」 「シティ」 「ガーデン」

200点の作品は、この5つの部屋に分けて置かれていますが、個々の作品と部屋のテーマとの関係については、ご覧いただく方々の想像力にお任せして、個性あふれる作品を発見していただきたいと考えています。

そして、最後の部屋では、「リーディングルーム」として、「パルケット」誌の最近号を閲覧したり、インサート・プロジェクトとして制作されたページアートすべてをモニターで楽しむことができます。また、パルケットとアーティストの間でやりとりされた、アーティストがエディション制作時に描いたスケッチ、手紙など資料の一部をご覧いただけます。

現代美術誌杉本博司、アンディ・ウォーホル、草間彌生、ヴァネッサ・ビークロフト、マウリツィオ・カテラン、メレット・オッペンハイム、フアン・ムニョス、森万里子・・・
彼らは「空想の家」に置かれる作品をご紹介するこの展覧会のために集まったアーティストたちです。

1980年代初頭のチューリヒで始まった現代美術誌「パルケット」は、現在ではアート界に大きな影響力をもたらすまでになりました。「パルケット」の依頼により、私たちの時代において最も重要なアーティスト200人が、彼らのアートのエッセンスを表現し、時には思いもよらない側面を表す作品を制作してきました。この展覧会では、ハーストが制作したドライヤーの熱風でピンポンボールを浮かす作品、オッペンハイムが制作した血管が浮き出たシュールな手袋などが展示されています。

アーティストたちは過去百年ほどの間に、最先端のアートや考えを市民に届けるためエディション作品を制作してきました。それは大衆文化に、詩や政治、審美性を与えることでもありました。

「パルケット」の狙いは、アートと直接的に対峙する媒体を提供することであり、その結果アーティスト主導の美術雑誌とマルチプル作品が制作されました。作品は、油彩、ページアートプロジェクト、写真、素描、版画、彫刻、ビデオ、DVD、音声など、あらゆる可能性を試しています。本展覧会は、過去25年間の現代アート発展の歴史を俯瞰できる内容になっています。

本展覧会では5つの部屋にテーマを設け、それぞれのテーマに沿って展示しています。
「アトリエ」 「プレイルーム」 「ワードローブ」 「シティ」 「ガーデン」

200点の作品は、この5つの部屋に分けて置かれていますが、個々の作品と部屋のテーマとの関係については、ご覧いただく方々の想像力にお任せして、個性あふれる作品を発見していただきたいと考えています。

そして、最後の部屋では、「リーディングルーム」として、「パルケット」誌の最近号を閲覧したり、インサート・プロジェクトとして制作されたページアートすべてをモニターで楽しむことができます。また、パルケットとアーティストの間でやりとりされた、アーティストがエディション制作時に描いたスケッチ、手紙など資料の一部をご覧いただけます。

現代美術誌「パルケット」は1984年の創刊以来、本年で25周年を迎えました。四半世紀という区切りの年に、日本の美術愛好家の方々へ、「パルケット」と200名もの現代アーティストたちとのコラボレーションの歴史をご紹介致したく、本展覧会を企画、開催致しました。

この展覧会を機に、すべてのエディション作品をカラー図版で紹介し、詳細な作品解説を記載したカタログレゾネを出版いたしました。カタログレゾネには二つのエッセイに加えて、「パルケット」のページアート・プログラムであるインサートや、背表紙、バックナンバーの表紙、アーティストの自筆資料、1400点もの記事執筆者の総リストなど、過去25年の「パルケット」の全貌が分かる貴重な資料となっています。

主 催 者
「パルケット」は1984年の創刊以来、本年で25周年を迎えました。四半世紀という区切りの年に、日本の美術愛好家の方々へ、「パルケット」と200名もの現代アーティストたちとのコラボレーションの歴史をご紹介致したく、本展覧会を企画、開催致しました。

この展覧会を機に、すべてのエディション作品をカラー図版で紹介し、詳細な作品解説を記載したカタログレゾネを出版いたしました。カタログレゾネには二つのエッセイに加えて、「パルケット」のページアート・プログラムであるインサートや、背表紙、バックナンバーの表紙、アーティストの自筆資料、1400点もの記事執筆者の総リストなど、過去25年の「パルケット」の全貌が分かる貴重な資料となっています。

主 催 者